ホーム > 医療法人 メディカルビットバレー

地域医療を活性化する「新しい医療のカタチ」

理事長・医師
澁谷 裕之

2020年に開院した「エールホームクリニック」には、ワンフロアに複数の診療科がありますね。

 困った症状が出たらまず足を運んでもらい、どの診療科が適しているか、医師が判断するのが特徴です。1人の患者の症状を数人の医師で検討することもよくあります。主治医制ではなく、クリニックの医療者とスタッフ全員で対応するスタイルですね。
 医療には医師だけでなく、その他の医療者とスタッフも必要で、仕事に壁があったら成り立ちません。クリニック内の縦割りの組織をなくし、フラットにしています。全員が総合医マインドを持つことが大事。その中で専門性を生かしていこうという考え方でやっています。

患者にとってはありがたいですね。

 地域の皆さんが当院を選んでくれるから僕たちは生活していけます。より良い医療システムを提供するのは当然。街のクリニックで高度な医療ができれば、重病の治療をするという急性期病院本来の仕事を助けることになります。これからはこのようなスタイルのクリニックが地方で主流になるでしょう。

全国の医師や医療者から入職希望があるそうですね。

 「前例なきをやる」という決意で、創業以来「新しい医療のカタチ」を提案してきました。全員が切磋琢磨(せっさたくま)し、患者のために職種を超え「なんでもやる」精神で行動することでシナジーが生まれ、質の高い医療が提供できる。医療者は基本的に、世の中の役に立ちたい人たち。僕たちに共感してくれる人が増え、医療者の憧れの職場になっているのはうれしいことです。
 事業の仕組みやお金のことも勉強会で全員が学んでいます。自分の収入の内訳をきちんと理解できれば、仕事のモチベーションも上がります。良い医療の質を担保するには、クリニックの健全経営が大前提。有能な医師や医療者、スタッフが全国から集まるような組織が地方に増えれば、地域医療問題も解決しますし、地方創生にもつながる。来年、長岡駅前に「エール長岡クリニック」を開設予定で、その後も新潟市や他の地域で同様の施設を展開しようと考えています。地域医療のロールモデルになりたいですね。

若い世代へのメッセージをお願いします。

 なんでも実践してください。大きなことだけじゃなく、目の前の小さなこともやってみる。若い時の地道な積み重ねが、自分の力になります。

Overview [概要]

10人のドクター
◼所在地 〒940-2013 長岡市下柳1-10-13
TEL.0258-86-8722
◼設立 2020年4月14日
◼事業内容 クリニック、ワクチンセンター
◼診療科目 内科、小児科、皮膚科、リウマチ科、アレルギー科、小児皮膚科、呼吸器内科、糖尿病内科、腎臓内科
◼職員数 42人(2022年4月1日現在)
◼ホームページ 医療法人メディカルビットバレー  https://mbv.or.jp/
エールホームクリニック  https://mbv.or.jp/ailehome/