ホーム > 株式会社 第一印刷所

最新鋭機+感性=世界最高水準の「極み印刷」

代表取締役社長
堀  一

新型ウイルス禍が続いています。

 昨年も新型ウイルス禍に明け暮れた1年でした。出口が見えかけた頃に新たなオミクロン株が猛威を振るい、さまざまなイベントや祭りが中止に。経済活動の停滞も懸念されています。
 しかし私たちは新型ウイルス禍から多くのことを学びました。この学びを成長につなげていけるような動きを進めていこうと考えています。
 本年度は第9次中期経営計画の2年目に当たり、最終年には創設80周年を迎えます。「調和」をテーマに、より多くのことに挑戦する1年にしたいですね。
 挑戦の一つが、昨年6月に締結した燕市のMGNET(マグネット)と当社の情報工房DOC県央とのパートナー契約です。MGNETは、地域の新規事業開発などを支援するソーシャルデザイン企業。県央地域の活性化を目指し、新規事業を2社で総合的にプロデュースします。今後、びっくりするような企みが出てくるかもしれません。

新しい印刷機の導入から1年になりますね。

 人工知能(AI)を搭載した独ハイデルベルグ社の最新鋭機「スピードマスター」は、既に生産ラインに乗っています。当社は「高品質」「高品位」をテーマに、データ処理の最高峰を目指してきました。続いてのテーマは「高品格」。印刷物のデータ処理に人間の感性を加えた「極み印刷」が目標でした。
 オペレーターの豊かな感性と「スピードマスター」の活用により、美しさと正確さの「極み」に到達できたと考えています。新潟で、世界トップクラスの印刷を提供できるようになりました。社員の技術と感性を磨く各種の資格習得も、これまで以上に奨励していきます。
 文字は人類最大の発明だと思います。さまざまな媒体がありますが、手に持って重みを感じられるのは紙に印刷したものではないでしょうか。人の五感に訴える紙に関わる仕事は誇り。創設80年を迎えるに当たり、これまでの歩みをペーパーで残すのもわれわれの使命だと思います。

若い世代へのメッセージをお願いします。

 バランスの取れた人格を目指し「心技体」を心掛けてもらえたら。心を磨き、技を磨き、健康第一。これから社会に出る皆さんには、自分の個性を発揮できる仕事を選んでほしいですね。「自分はこれが得意である」というものを発見して、どんどん発信してもらえたらと思います。

 

Overview [概要]

朗らかに稼ごうや
◼所在地 〒950-8724 新潟市中央区和合町2丁目4番18号
TEL.025-382-7400 FAX.025-382-7415
◼創設 1943年12月
◼設立 1947年7月9日
◼事業内容 感性・情報価値創造企業
◼資本金 4,715万円
◼売上高 53億783万円
◼社員数 241人
◼支社 本社工場、営業本部、東京本部、企画開発本部・第一CIC、中越支店、上越支店、情報工房DOC県央、情報工房DOC佐渡
◼ホームページ https://www.dip.co.jp/