ホーム > 株式会社 北越ケーズ

家電を通じて人の暮らしを快適に、幸せに

代表取締役社長
野村 弘

新型ウイルスによる家電ニーズの変化はありましたか。

 休校やリモートワークで家にいる時間が長くなった結果、お客さまの購買行動は大きく変わりました。家でおいしいものを食べたいと炊飯器や冷蔵庫、食器洗い乾燥機、電子レンジの需要はアップ。テレビ会議やオンライン授業に適応するハイスペックなパソコン、Wi-Fi(ワイファイ)ルーターなども好調でした。空気清浄機や高性能なエアコン需要も大きかったですね。テレビの買い替えや、動画も撮れるカメラを求めるお客さまも増えました。
 家電製品は快適な生活を送るために欠かせない機器とはいえ、電気代が上がるのも気になります。最近は省エネモデルの製品に注目が集まっています。節水や時短といった視点からの選択も多いようです。
 現在、加入料も年会費も無料で、多彩な特典が付く「ケーズデンキあんしんパスポート」には、新潟県民のほぼ3人に2人の割合で登録いただいています。さらにお得で使いやすい「あんしんパスポートアプリ」ではお得なクーポンをお客さまのスマートフォンに届けています。暮らしの幸せを快適さでバックアップするのが家電製品。未登録の方々にもメリットを伝えていきたいですね。

今年のトピックをお話しください。

 今年は約50人の新入社員を迎えました。今月は長野市に新店をオープン、長野県安曇野市にも新しい店舗ができます。新潟県内はドミナント化(集中出店)が進んでおり、現在は26店舗を展開中。今後は店舗のスクラップ・アンド・ビルドを進め、より買い物しやすい店づくり、社員がより働きやすい組織づくりを進めていきます。また社員には家電アドバイザー資格取得を奨励していきます。
 店舗運営は安心安全が第一優先。全店舗にAED(自動体外式除細動器)を配置し、社員教育を行ってきました。昨年3月、亀貝店で買い物中のお客さまが心肺停止状態になったことに従業員が気付き、119番通報や心臓マッサージを行ってAEDを使用。複数人の連携プレーでお客さまの命を救うことができました。

若い世代に伝えたいことは。

 抜けるような青空の後ろにも、曇り空の後ろにも、いつも星は瞬いています。別な見方をすれば、良いところはたくさん見えてくるはず。一度はふるさとを離れて良いものを見る目と感性を養い、戻ってきて新潟を発展させてほしいですね。鮭も白鳥も帰って来ない都会より、自然が豊かな新潟がいいですよ。

Overview [概要]

◼所在地 〒950-0941 新潟市中央区女池8丁目16番17号
TEL.025-282-3333
FAX.025-284-2222
◼創業 1928年10月
◼設立 1974年4月
◼事業内容 一般家庭用電化製品、パソコン、携帯情報機器の販売および付帯工事、修理
◼資本金 3億3,400万円
◼売上高 538億円(2021年3月31日現在)
◼店舗数 ケーズデンキ47店舗(新潟県内26店舗)
◼社員数 1,204人(全体)
◼ホームページ https://www.ksdenki.co.jp/hokuetsu/