ホーム > 環境をサポートする 株式会社 きらめき

「共生」の心で誰もが輝く社会を構築

代表取締役社長
山田 茂孝

「環境」という言葉が入ったユニークな社名です。

 創業時は「信越ビル管理株式会社」という社名でした。2002年、ビルメンテナンス業の枠を超えさまざまな事業を展開するために現在の社名となりました。17年に環境省の「エコアクション21」の認証・登録を受けて以来、環境に配慮した取り組みを続けています。
 「エコアクション21」はSDGsの概念にも含まれます。廃棄物を減らすなど、全社で二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組み、SDGsが掲げる17のゴール、169のターゲット実現に向けて活動していきます。

昨年は大きな賞を受賞しました。

 財団法人日本消防設備安全センターより「消防用設備等点検済表示制度推進優良事業所」として表彰されました。消防設備の点検時に各設備に点検済みラベルを貼付する活動や、消防設備などの保守業務の推進に貢献したことが認められました。日頃の活動が高く評価されたのはとても名誉なこと。新型ウイルス禍の中、ビルメンテナンス(ビルメン)に従事するスタッフを誇らしく思います。

今年のキーワードは何でしょう。

 経営理念「〝信頼、誠実、感動、共生〟ある会社」の中の「共生」です。多様な人材が輝くのがビルメンテナンスの世界です。例えば、私たちは障がいを持つ人たちを積極的に採用してきました。学生時代から当社が指導を行い、入社後は他の社員と共に働いています。新潟の会社が新潟のために何ができるか。「共生」のキーワードで説明できると思います。
 組織のレジリエンス(回復力)を高め、勤怠やシフトのデジタル化も推進していきます。新潟県ビルメンテナンス協会でツイッター「新潟ビルメン」を発信しています。ビルメンをもっと身近に感じてもらえるよう毎日朝夕につぶやきを発信。ちなみに会社のフェイスブックは、私が更新していますし、私自身のSNSも時々更新しています。

若い世代へ伝えたいことは。

 国際的なシンクタンクであるローマクラブが1972年に発表した報告書「成長の限界」を若い頃に読みました。そこには「人口増加や環境汚染が続けば100年以内に地球上の成長は限界に達する」と書かれていました。50年が経った今、若い人たちに伝えたいのは、まず現状を受け止め、どう解決するかポジティブに考えてほしいということ。多様化する価値観の時代、前向きにチャレンジしてほしいと思います。未来は、そんなに暗くないと思います。

Overview [概要]

本社(新潟市中央区東堀前通)
◼所在地 〒951-8528 新潟市中央区東堀前通六番町1061
TEL.025-228-7586㈹ FAX.025-224-5034
◼設立 1963年12月23日
◼事業内容 総合ビルメンテナンス業
◼資本金 5,000万円
◼支店・営業所 中越支店、東京支店、下越営業所、県央営業所、上越営業所、湯沢営業所、東港営業所
◼ホームページ https://www.kirameki.co.jp