ホーム > ホテルオークラ新潟

新潟のおもてなし文化を応援し共感の場を創る

代表取締役社長 総支配人
後藤 克洋

新潟のおもてなし文化を応援する企画が好評でしたね。

 「絶やさない、新潟のおもてなし文化」をテーマにした「応援しよう」企画は、お客さま、出演者、新潟観光コンベンション協会、そして私どもホテルの四方が、新型ウイルス禍にあらがい、共感で結ばれたイベントでした。これまで、古町芸妓(げいぎ)2回、室内合奏団アルス・ノーヴァ、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)専属舞踊団Noism(ノイズム)、佐渡の篠笛奏者・狩野泰一さん、そしてニューヨーク・カーネギーホールでの再公演を成功させた三味線奏者・史佳さんに出演してもらいました。自ら選んだ芸道へのこだわりとお客さまへのおもてなしの心。改めて新潟のおもてなし文化を支えるのは彼らだと実感し、同時に私たちも勇気づけられる思いでした。
 毎回、総料理長が創作し地元食材を生かしたフランス料理の午餐(ごさん)も好評。史佳さんの会は新潟を代表する蔵元の新米新酒を楽しむ第2部と組み合わせた内容でした。
 新潟のおもてなし文化の担い手を見いだし、応援し、そして共感の場を創る。新型ウイルス禍が収まるかどうかにかかわらず、新潟、そして新潟のお客さまに愛されるための、当ホテルのあるべき姿が鮮明になったこの企画を今後も続けたいですね。  

昨年12月に大きなニュースが発表されました。

 当社が保有する土地・建物を売却し、同時に結んだ賃貸借契約に沿ってこれまで通りホテル営業を続ける選択をしました。開業44年を経て目立つ施設・設備の老朽化、2年余り続く需要低迷、財務体質、100人を超す社員の雇用確保など、いずれも重要な課題に対処するには必要な選択だったと考えています。
 売却先の日生ホールディングスは新潟市に本拠を置く有力な不動産会社。最近は不動産開発事業にも積極的と伺っています。信濃川と萬代橋を望む当社不動産の希少性のみならず、政令市新潟でのホテルオークラ新潟の存在価値も適切に評価してもらったと考えています。今後については適時にお話しできればと思います。

若い世代へのメッセージをお願いします。

 「応援しよう」企画の出演者の皆さんから感じたのは、「ポジティブなひた向きさ」。日本でも格差拡大が社会のゆがみをもたらしていますが、それを前向きに打ち破るには不可欠な資質だと思います。若さにポジティブなひた向きさを加え、自分の強みとして発揮してもらいたいですね。

Overview [概要]

「萬代橋」のたもとに建つホテル
◼所在地 〒951-8053 新潟市中央区川端町6丁目53番地
TEL.025-224-6111 FAX.025-224-7060
◼開業 1978年10月5日
◼事業内容 ホテル事業
◼資本金 8億1,000万円
◼従業員数 136人
◼ホームページ https://www.okura-niigata.co.jp/