ホーム > ミサワホーム北越 株式会社

ミサワのDNAをつなぎ大きな飛躍を目指す

代表取締役社長
南谷 和秀

昨年はどんな年でしたか。

 業績的には売り上げ2桁増、利益は倍増の見込みとなりました。土地の仕入れが順調にでき、受注面でも、建築・リフォーム事業とも大きな貯金ができた年でした。
 また新潟市の「働きやすい職場づくり推進企業」を受賞しました。これは従業員の働き方改革や健康増進に取り組む企業・団体を表彰するものです。就業時間を30分単位で変更できる「セレクティブワーキング制度」、有給休暇の取得を促進し長期休暇を取得できる取り組みなどが高く評価されました。時間や場所にとらわれない柔軟な働き方として、結婚を機に埼玉県に移住した女性設計者をテレワークで継続雇用している事例もあります。定年再雇用社員「マイスター」は31人。1年ごとに評価しながら70歳までの継続雇用とし、大いに活躍しています。人材の確保が難しい中、今いる人材の定着率を上げることも大きな課題です。今後も働き方改革を進化させ、処遇改善、部門間の公平性を高め社員のモチベーションを上げ、より働きやすい職場づくりに努めます。

本年度の展望をお話しください。

 今年は創立55周年、また新中期三カ年計画の最終年。昨年の受注の貯金を生かしながら、グループを挙げて大きな飛躍を目指す年にしていきます。
 今年の標語・スローガンは「つなぐ」、サブタイトルは「笑顔のバトンタッチ」。今後はミサワの風土・ミサワのブランドをつなぎながら、建築やリフォームだけではない新しい事業の拡大を進め、企業としての発展を続けていきたいと考えます。
 カーボンニュートラル(温暖化ガス排出実質ゼロ)社会を見据え、住宅商品の主力は、住まいのエネルギー消費をゼロにするZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。新潟県の平均が67%に対し当社受注の物件では8割を超えており、SDGsへの貢献もしていきます。本年度は、資材の高騰や金利先高観など先行き不安な情勢ですが、国のさまざまな施策(住宅ローン減税延長、こどもみらい住宅支援事業など)を追い風に一丸となって乗り越えていきたいと考えています。

若い世代に伝えたいことは。

 若者だけの特権を生かしてほしいと思います。時代を変える、次代を担うのは若者だけの特権。臆せず何事にもチャレンジしてほしいですね。地方活性化の鍵はユニークな発想を持った若者、よそ者、ばか者。若者を応援するにいがた鮭プロジェクトには大いに期待しています。

 

Overview [概要]

持続可能な未来につながる『Green Infrastructure Model』
◼所在地 〒951-8533 新潟市中央区関新2丁目1番53号
TEL.025-232-3330 FAX.025-232-3370
◼設立 1982年5月10日
◼事業内容 住宅の建築工事、リフォーム工事の請負ならびに設計監理
店舗、ビル、倉庫等の建築工事請負ならびに設計監理
住宅の分譲販売ならびに不動産の売買、交換、賃貸、仲介および管理住宅関連設備機器販売など
◼資本金 1億円
◼売上高 137億7,800万円(2021年度)
◼社員数 245人(2022年1月1日現在)
◼ホームページ https://hokuetsu.misawa.co.jp/