ホーム > 北越メタル 株式会社

リサイクル社会をリード 地域の循環支える

代表取締役社長
棚橋 章

今年6月に設立80周年を迎えます。

 1942(昭和17)年に北越水力電気株式会社より化学工業部門を継承し、当初はカーバイド、電気銑鉄、合金鉄を製造してきました。その後は鉄鋼部門に軸足を移し、棒鋼・線材・形鋼を柱とした鉄鋼業として一貫した生産体制を確立しています。都内の大型スポーツ施設の基礎などにも当社の棒鋼が使用されています。
 当社は地場の鉄スクラップを回収、電気炉で溶解してさまざまな製品を作り、地域に還元する地域循環型企業です。鉄スクラップは95%以上型をリサイクルできるサステナブルな素材。鋼材は、建造物の完成後は目につくことはありません。地味な仕事ではありますが、社会を力強く支えている自負があります。

今後の展開についてお話しください。

 少子高齢化が進む中、人口減に伴って鋼材の需要は減ることが予想されます。そこで将来どうありたいかを話し合い、2030年に目指すべき方針「Metal Vision 2030〈絆〉」を策定しました。地域、社員、ビジネスパートナー、株主との絆を強くし、協力しあって成長していきたいと考えています。
 地域貢献として、アルビレックス新潟レディースとのオフィシャルスポンサー契約を締結しました。また、この2年は中止になりましたが長岡花火の打ち上げ協賛も行っています。
 社員とは、特にものづくりの醍醐味(だいごみ)を共に分かち合いたいと考えています。ここで働いてよかったと感じてもらえる、生き生きと働ける環境を実現します。子会社との統合を契機に制作した写真集「鉄に生きる サスティナブルメタル電気炉製鋼の世界」は、社員の家族からとても喜ばれました。
 今後は建設業の労働人口減をカバーする製品の開発に力を入れます。機械化やロボット化の必要性を感じており、次の大きな投資の際に取り組みたいと思います。また互いの強みを引き出す共和コンクリート工業との業務連携、県内の大学との共同研究などを進めます。

若い世代へのメッセージをお願いします。

 「言い訳をしてはいけない」ですね。できない理由、やりたくない理由はあると思いますが、言い訳ばかりしていると仲間がいなくなります。自分の足りないところを認識し、弱みを見せて相談するのは決して恥ずかしいことではありません。周りが支えてくれますから。自分の足りなさに気付いてほしいと思います。

Overview [概要]

4月1日 ホームページをリニューアルしました
◼所在地 〒940-0028 長岡市蔵王三丁目3番1号
TEL.0258-24-5111 FAX.0258-24-4553
◼設立 1942年6月
◼事業内容 1.銑鉄、鋼材、鋳鋼等鉄鋼一次製品の製造、加工および販売 2.鉄鋼二次製品の製造、加工および販売 3.非鉄金属、合金鉄の製造、加工および販売 4.鉄鋼構造物の製造、加工および販売 5.各種機械器具の製造、加工および販売 6.一般および産業廃棄物の収集、運搬、ならびに処理とその再生製品の販売 7.貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業および倉庫業 8.前各号に付帯または関連する一切の事業
◼資本金 19億6,926万9,920円
◼売上高 218億1,551万円(連結 2021年3月期)
◼従業員数 468人(連結 2021年3月31日現在)
◼工場 長岡工場、三条工場、雲出工場、見附工場、喜多方工場
◼グループ会社 ㈱メタルトランスポート、㈱コーテックス、㈱コーテックス工業、㈱イノヴァス
◼ホームページ https://www.hokume.co.jp/