ホーム > 株式会社 ハードオフ コーポレーション

節目の年だからこそ原点回帰し、基礎を固める

代表取締役社長
山本 太郎

今年はハードオフの前身「サウンド北越」誕生から50周年ですね。

 さらに来年はハードオフに事業転換してから30周年と、2年連続で節目の年を迎えます。今まで「良いこと、善いこと、正しいことを続ける」という理念経営を推進してきました。節目の年だからこそ原点に回帰し、年度テーマを「ハードオフのDNAを確認して深める年にする」として、あいさつや掃除など基礎中の基礎を再認識し、実行します。
 サブテーマは「ダイヤモンドチェーンを目指して」。私たちはフランチャイズ加盟店さまと一緒に成長してきました。リアルなオーナー会議や店長会議を再開し、個々が輝きを放つダイヤモンドのような店舗をつなぎ、一つにしていきます。私たちの商売はリアル店舗が中心。リアルには今後もこだわって進めます。

新型ウイルス禍の影響は。

 国内では買い取りが非常に増えました。出店が少ない東京都内のお客さまのニーズに応え、昨年出張買い取りの首都圏部隊を設け、好評です。 海外でもお客さまの来店が増えています。SDGsの観点からも日本式リユースを海外に広める意義は大きく、世界中の社会に貢献できると思っています。将来的にはさらに多くの国や地域に展開したいですね。今年は海外でも基礎固めをして、これから成長できるよう挑戦を続けます。

採用面で制度改革されました。

 この4月から、全国転勤の見直しを行い、より地元に根付きやすい人事制度にしました。地元出身者が地元愛を持って働くと、店の売上も上がったりするんですよ。
 「ハードオフが大好き」という人を優先的に採用する「ハードオフ愛採用」も始めましたが、ファンというのは本当にありがたい。ハードオフには著名人やインフルエンサーによる公式アンバサダーチームがあり、SNSを通じて情報発信しています。その1人は福岡にある店舗の店長で、何種類もの店の楽器を弾きながら有名な曲を歌う動画を配信し、再生数が何百万回という人気ぶりです。
 お客さまが本当に欲しているところに耳を傾け、対応していくと、やがて唯一無二の存在になり、ファンも増えます。われわれはチェーン店ですが、店によって個性がある方がお客さまにとっては面白い。店ごとの魅力をこれからも磨いていきます。

若い世代に伝えたいことは。

 現代ではネットで簡単に情報収集できますが、自分の足で現場に行き、目で見て、触って確認するリアルな経験を大切にしてほしいですね。

Overview [概要]

本部事務所外観
◼所在地 〒957-0063 新発田市新栄町3-1-13
TEL.0254-24-4344
◼設立 1972年7月25日
◼事業内容 中古品の買い取り・販売(リユース)
◼資本金 16億7,600万円
◼売上高 直営212億円(チェーン売上516億円)
◼従業員数 正社員615人、準社員・パート3,421人(合計4,036人)
◼店舗 914店舗(うち国内902店舗)
◼グループ会社 (国内)㈱ハードオフファミリー、リンクチャネル㈱、㈱エコプラス
(海外)台湾海德沃福股份有限公司、ECO TOWN USA INC.、ECO TOWN USA FRANCHISING INC.
◼ホームページ https://www.hardoff.co.jp/