ホーム > 清水建設 株式会社 北陸支店 新潟営業所

脱炭素化社会の実現と街づくりに注力

副支店長兼新潟営業所長
東海 幸一

本年度、注力することは。

 シミズグループの環境ビジョン「SHIMZ Beyond Zero 2050」で掲げている通り、自分たちの活動だけでなく、お客さまに引き渡した建物から排出する二酸化炭素(CO2)をゼロにしていくカーボンニュートラルに取り組み、2050年の脱炭素社会実現を目指しています。
 昨年5月に建て替えた北陸支店の社屋はゼロエネルギービルです。現在建設中の県央基幹病院の工事も、CO2排出量削減の取り組みを行い、省エネ施工を徹底しています。新築だけでなく、既存のビルについても省エネのご提案をしていきます。
 また、当社が幹事企業の1社として街づくりをしている東京の「豊洲スマートシティ」が今年、一部オープンしました。単に建物を建てるだけでなく、建物の運用業務をデジタルトランスフォーメーション(DX化)し、これまでにない便利さを提供します。当社はAI専門の技術者を抱えており、建物と一緒に最先端のデジタルサービスを提供できるのが強み。街づくりはカーボンニュートラルと合わせて、事業の柱にしていきます。

働き方改革の進展は。

 24年の時間外労働の上限規制適用もあり、現場を省力化し、仕事を見直して生産性を上げる必要があります。今後の県内の工事で、職人も含め現場スタッフで意見を出し合い、上限規制内で仕事を完了させるモデルケースをつくる予定です。さまざまな試行を重ね、あと2年間で実用化していきたいですね。
 男性社員の育児休暇100%取得も目標です。ダイバーシティー(人材の多様性)の時代、さまざまな事情を抱える人でもワークライフバランスがとれる職場へと変革を進めています。全国の営業所にサテライトオフィスを設け、本社や支社とインターネットでつなぎ、現場に出向くことや出社が難しい場合も支障なく仕事ができるようになっています。北陸支店新社屋には好きな場所で働ける「アクティビティ・ベースド・ワーキング」を導入。業務内容に応じて自由に選択できるワークエリアを各所に配置しました。ハード・ソフトの両面で働きやすい環境をつくることに力を入れています。

若い世代へのメッセージをお願いします。

 ダイナミックなものづくりの面白さや奥深さを味わい、社会の役に立つ実感が持てる建設業は、一生をかけてやる価値がある仕事。職場環境も整備されています。ぜひ興味を持ってほしいですね。

Overview [概要]

日本最高クラスの環境性能を備えるオフィス「清水建設北陸支店新社屋」
◼所在地 〒950-0909 新潟市中央区八千代2丁目4番8号
TEL.025-245-8531 FAX.025-245-8538
(本社:東京都中央区京橋2丁目16-1 TEL.03-3561-1111)
◼創業 1804年
◼事業内容 総合建設業
◼資本金 743億6,500万円
◼売上高 1兆2,500億円
◼従業員数 10,494人
(※いずれも2021年3月31日現在)
◼ホームページ https://www.shimz.co.jp/