ホーム > NTT東日本 新潟支店

地域の魅力×みんなの思い×ICT

新潟支店 支店長
德山 隆太郎

昨年7月に着任されました。

 当社にとって新潟は、首都圏と仙台、札幌に次ぐ重点地域。人口5万以上の都市が新潟・長岡・上越以外にも六つあり、それぞれ特徴的です。本社にいる時から、新潟は市場として興味深い所であり、ブランディングのお手伝いをしたいと思っていました。
 通信はさまざまな分野に関係しています。当社は農業などの一次産業から文化・芸術分野まで、多岐にわたって課題解決に取り組んできました。一つの業界だけでなく、地域全体を盛り上げたいですね。

新潟での具体的な取り組みは。

 昨年、上越市において産学官金一体のコンソーシアム「スマートテレワークタウン ローカル5Gラボ@上越妙高」プロジェクトに参画しました。今後は、佐渡金山の世界遺産登録に向けた取り組みや、新潟市の都心軸のまちづくりを図る「にいがた2km(にきろ)」、長岡市の市街地再開発事業の交流拠点「米百俵プレイス ミライエ長岡」などで、当社としてもお役に立ちたいと考えています。
 通信基盤の構築、医療や教育など生活基盤の課題解決、都市ブランディングのトータルコーディネート、広報活動のサポートなど当社の役割は多くあります。地方創生や地域活性化に、130年余りの歴史で培ったNTTの力を生かしていきます。

支店内ではどんな取り組みをしていますか。

 今年3月、以前窓口だったNTTプラザビル(新潟市中央区)の1階に「スノーピーク」のキャンプギアを設置しました。現在は社員のワークスペースにしていますが、今後は住民の皆さんのご利用、イベントスペースの場といった社外に向けた取り組みも企画中です。
 また、企業は人を基本に成り立つことを肝に、社員の意見を直接聴く仕組みづくりや趣味のサークルの発足などをし、社員間の交流を深めることで、社内のコミュニケーションが活性化してきていると感じています。

若い世代に伝えたいことは。

 まずは一歩行動すること。また、たくさんの人に会うことです。話をして、幅広い価値観を知ることは、多様性の受容にもつながります。これからの消費の価値は物ではなくことや時。その場所において経験することを楽しみ味わってほしいですね。
 もう一つは、事実前提をやめること。「今、何をすべきか」という感覚がないと何事も進展しません。大事なもの、物事の本質は変えるべきではありませんが、環境に合わせて考え方を変えることも大切です。

Overview [概要]

◼所在地 〒951-8519 新潟市中央区東堀通七番町1017番地1
(本社)〒163-8019 東京都新宿区西新宿3-19-2
◼設立 1999年7月1日
◼事業内容 東日本地域(※1)における地域電気通信業務(※2)及びこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務
◼資本金 3,350億円
◼売上高 1兆7,261億円
◼従業員数 5,085人
◼ホームページ https://www.ntt-east.co.jp/
※1 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県及び長野県
※2 県内通話に係る電話、専用、総合デジタル通信などの電気通信サービス