ごあいさつ

「リーダーが見つめる新潟の未来」

 「新潟日報LEADERS倶楽部」は、2012年にスタートし、12年目の本年度は過去最多の118の企業・団体の皆様からご参加いただきました。
 新型ウイルス禍により世界は大きく変わり、さらに膠着するウクライナ情勢の中での物価高騰など不透明な状況が続いております。
 そのような中ではありますが、街のにぎわいや人々の交流が少しずつ戻り、経済状況は明るい兆しも見えてきました。本年度のキックオフとなるトップインタビュー特集は、新潟のリーダーの皆様の英知と信念の結集です。新潟を愛し、そして新潟から全国、世界を見つめる熱い思いと、新潟を元気にするためのヒントを紙面から感じ取っていただけると確信しています。
 活動の礎となる「日本のげんきを、新潟から」をスローガンに、有力企業・団体トップの皆様の生の声を県民に届けます。また中堅社員のビジネススキル向上の機会を創出し、さらに学生などの若い世代に対して新潟の魅力発信や支援を行う「にいがた鮭プロジェクト」などとの連携により、人口減対策への寄与も目指してまいります。
 ウイルス禍の3年間、様々な課題を乗り越えてこられた皆様に深く敬意を表しますとともに、リーダーズ倶楽部へのご参加に、あらためて厚く御礼を申し上げます。

新潟日報社 代表取締役社長 佐藤 明

参加企業、団体、教育機関一覧

※2023年4月25日(火)の新潟日報「別刷特集」の内容を掲載しております。 ※インタビューの内容は取材時点の情報に基づくものです。


■用語解説|本文中に使われている用語について
【AI】 Artificial Intelligence 人工知能
【CO2】 二酸化炭素
【DX】 Digital Transformation デジタルトランスフォーメーション
【EC】 Electronic Commerce 電子商取引
【ICT】 Information and Communication Technology 情報通信技術
【SDGs】 Sustainable Development Goals 国連が掲げる持続可能な開発目標
【SNS】 Social Networking Service 会員制交流サイト

掲載のほか、下記5社からもご協賛をいただいております。

一般社団法人 新潟縣健康管理協会
新潟トヨタグループ
株式会社 新潟マイホームセンター
日本精機 株式会社
株式会社 ミタカ